小学英語教科化に向けて

2020年に向けて、小・中・高の英語教育が大きく変わろうとしています。とりわけ小学校では、現在小学5年生から導入されている「外国語活動」を小学3年に前倒し、56年は正式教科に英語を加えることについて、検討されています。中学校では英語の授業は基本的に英語で実施し、高校では英語で「発表、討論、交渉などを行う能力を高めること」を目標とする考えも示されています。さらに2019年からは、「聞く・話す・読む・書く」の4技能の新しいテストを数年ごとに全国の中学3年生を対象に導入することを想定されています。小学校の英語「教科」化を受け、英語を入試に取り入れる私立中学も増えています。

語学の習得は、学習・練習の積み重ねです。新しい英語教育が導入される前の今、「英語を学習」そして「英語で学習」を始めることを、是非お勧めします。英語でコミュニケーションが出来るようになるには、本物の発音・イントネーション、文法の実際的な使われ方、文化の違いから来る言葉のニュアンスの違いや伝達方法の違い等を理解する必要があります。又、「発表・討論・交渉などを行う能力を高める」には、単なる英語の習得以外に「クリティカル・シンキング」を高めることが重要です。

ウォンバット イングリッシュでは、現代実用英語に力を入れています。つまり、現在ネイティブが実際に使っている英語です。発音・イントネーションはもちろんのこと、文化の違いも学びながら、実際に使える英語の習得をめざしています。子ども英会話コースでは、幼児コースから正しい英語の音を習得するために「フォニックス」を取り入れています。レッスンはネイティブ講師が英語のみで行う「英語で学習」をするスタイルです。高校生・大人英会話コースでは、英語の学習と共に「クリティカル・シンキング」を高めるように、レッスンが構成されています。クリティカル・シンキングとは、「ものごとを鵜呑みにせず、「本当にそうなのだろうか?」と疑問を投げかけ、最終的には自分の頭で判断すること」です。日本人は「クリティカル・シンキング」が苦手傾向にありますが、きちんと理由をつけて意見を述べることは、ディベートやディスカッションには大切な要素です。

ウォンバット イングリッシュで本物の英語を習得してみませんか?
皆様のお越しをお待ちしております。

ウォンバット イングリッシュ 青戸

中3に英語全国テスト

中学入

小学英語教科化

2015年1学期末になりました。

 

IMG_2962

ワラビーコースでは、1学期末になりました。これまでの11週間がとても速く過ぎたように感じます。ウォンバット イングリッシュ青戸の生徒の皆さん、良くがんばりましたね!1学期の期末テストの成績は、とてもすばらしかったです。これからも頑張って学習を続けて下さいね。

今回のスペシャル・イベントのレッスンのテーマは、アメリカの「独立記念日」でした。楽しい行事で、生徒の皆様にも楽しんでいただけたと思います。次回のスペシャル・イベントが楽しみです。

お子様のご入会をお考えの皆様、今からでも間に合います!是非、無料体験レッスンをお試し下さいませ。お待ちしています。

ウォンバット イングリッシュ 青戸

2015年ゴールデンウィークのお休みについて

もうじき、ゴールデンウィークですね。楽しい休日を過ごせますように!

ウォンバット イングリッシュは、4月29日(水)〜 5月6日(水)まで、お休みをいただきます。

5月7日(木)から通常通り、営業致します。

よろしくお願い致します。

ウォンバット イングリッシュ チーム

2015年3月 子ども英会話コース テキストブック

お客様各位

新年度が始まるため、子ども用テキストブックの注文が出版社に集中しております。

そのため、本日から発注する子ども用テキストブックは、通常と異なり7日以内の到着は確約できないと、出版社より通知がありました。

当教室には、子ども英会話コース用のテキストブックの在庫はいくつかありますが、新しく発注をかける分のテキストブックについては、到着が遅れる可能性があります。

テキストブックの到着が遅れてしまった場合には、授業でテキストブックのコピーを使って対応させていただきます。

よろしくご理解の程、お願い致します。

ウォンバット イングリッシュ チーム

ハロー!ウォンバット イングリッシュにようこそ!

IMG_2508

ウォンバット イングリッシュにようこそ!
当社は、居心地の良い教室で、子ども英会話コース、一般英会話コース、ビジネス英会話コースを提供しています。各クラス定員4人までとなっています。

お知らせです。子ども英会話コースは4月にスタートします。ご入学手続きはお早めに!費用やカリキュラム等、詳しくは、www.wombatenglish.com をご覧ください。

ウォンバット  イングリッシュ  チーム